カテゴリ:未分類( 50 )
2017'06'18...紫陽花

府中郷土の森...「あじさいまつり」
d0130980_20173969.jpg
d0130980_20175484.jpg
d0130980_20191959.jpg
d0130980_20200947.jpg
d0130980_20203103.jpg
d0130980_20222627.jpg
d0130980_20232916.jpg
d0130980_20234064.jpg

by makkuroGS | 2017-06-18 20:28 | Trackback | Comments(0)
2013年3月25日
「親父」が逝った日...

葬儀も終わり...遺品を整理する...

「親父」も写真が趣味で、定年してから一眼フィルムカメラを手にし、写真を引き延ばしてファイルにしていた。

そのファイルを捲ると...その画は、俺が写すシーンと良く似た画がある...

「え?こんなとこ似るのか?」と、今更ながら思う...

庭木の手入れが好きだった親父...花もよく写していた...

d0130980_1443712.jpg


d0130980_150071.jpg


d0130980_1593422.jpg

by makkuroGS | 2013-04-04 12:50
浄土平...now(^-^)
標高1600mまだ雪は残ってる...ze
d0130980_114629.jpg

けど、気温は暖かいと言うより...暑いze...
福島の街に降りたら...駅前の外気温度計は 33 ℃だったze...ホンとか?
眠くて堪らないから、今日は帰らねぇ~ze...速攻、宿探したze...in 福島駅前...ワイルドda...ro?
by makkuroGS | 2012-04-29 11:46 | Trackback | Comments(0)
福島県 三春...
d0130980_826544.jpg

暦どうりのMY GW...

早起きして300km走ってきた...ze!ワイルド...daro?

「三春の滝桜」...now(^-^)
by makkuroGS | 2012-04-29 08:26 | Trackback | Comments(2)
親愛なる chaco
d0130980_19493677.jpg

2012年3月3日 早朝...buebueさん の家族である chaco が永遠の眠りについた...

buebueさんと撮影に出かけるときは、いつも一緒にいた chaco...
d0130980_21393517.jpg


いつも食いしん坊だった chaco...
d0130980_2140230.jpg


そして...いつも癒しをくれた chaco ...ありがとう!...安らかに眠れ...

d0130980_2140466.jpg

by makkuroGS | 2012-03-03 21:50 | Trackback | Comments(6)
駒ヶ岳now
d0130980_9275983.jpg

by makkuroGS | 2011-09-10 09:27 | Trackback | Comments(0)
日本海
d0130980_1833991.jpg

富山県 雨晴キャンプ場
by makkuroGS | 2011-05-14 18:33 | Trackback | Comments(4)
走馬灯のように...
彼に出会ったのは18才の頃 ... 妙に気が合い喜怒哀楽を共に青春末期?を過した...

大人になり、それぞれの「道」を歩みはじめ、暮らす場所も変わり、お互いに連絡もお細かになるが、 年の初めの挨拶は欠かさず送られてきた...

たった一枚の葉書きに描かれた達筆な文字 ... 柄にもなく筆を操る彼の姿を想像すると笑ってしまう...

ある年、その挨拶が届かなかった...

自分も年に一度の事なので、大して気にもしなかったのだが、春も過ぎた頃に彼の実家のほうに近況を尋ねた...

彼の母は、「あの子から連絡させます」と...

数週間後、一通の封書が届いた ... 相変わらずの達筆の文字で...

封を開けると 「今、交通刑務所で罪を償っている・・・」 と...

その彼が社会に戻り、新しい生活を始め、また頻繁に会うようになった・・・酒を交わす友としても...

彼の過去が彼の生活の障害になっているのも知らずに月日が経ち ... 「他の地で暮らす」と彼は独りで北へ向かっていった...

あれから6年が経ち ...

そして...

2011年3月11日 「東日本大震災」

彼の安否が気になり連絡を付けようにも手段が限られる...

彼の母に問うが、彼女も安否不明という現状...

時が経つ毎に、そんな事はない!という確信が... 望み... 期待... 不安... 覚悟へと変わる心境... なにもできない時間... ただ耐えるしかない...

あれから2週間・・・彼女から連絡があり、彼が亡くなったことを知った...

認めたくない事実・・・受け止めるには辛すぎる事実...

彼のことを繰り返し思い出す .... 走馬灯のように .... この走馬灯に彼との新しい思い出を描くことはもうできない...
by makkuroGS | 2011-03-27 04:59
無事
遠い国からのメールで、一家族の無事を知った。

震災の後、遠い国から携帯電話が鳴った...+8493........着信番号・・・なんだ?この番号は?通話ボタンを押すと、懐かしい声がした。
新生活を遠い地で始めた友人からだった。

被災地でもない自分の所に心配して連絡をくれた様だ。

彼は遠い地で、今、自分に出来ることをしている。

遠いから何も出来ないのではない...その一報で、その声で何故か不安が和らぐ....
by makkuroGS | 2011-03-20 01:37 | Trackback | Comments(4)
なにもできずに...
「東北関東大震災」の被災地にいる友人等の安否が確認できずにいる。
被災地に行って安否を確認することもできない。
震災から1週間、今はただ自分の日常生活をしていくだけ...


仕事場の近くのガソリンスタンドが、1台¥3000分の給油条件で店を開けた、1時間以上並んで給油した車の中に、6㍑程度で満タンになった乗用車があった。
ガソリンスタンドの店主は「ふざけんな!」と怒鳴っていた!

計画停電開始予定時間ギリギリまで営業していたガソリンスタンド。
自分らが「もう10分もしないで計画停電になりますから、給油できませんよ!」と給油待ちの車両に言って回ったが、立ち去る車両は2割ぐらいだった。

「1時間も並んでいるんだ!ふざけんなバカヤロウ!」と怒鳴り返す者もいた... その時、自分の右手が拳に変わった。

自分が給油の為に並んでいる立場だったら?どうだったろう?と思うが、もう2度も給油の為に並んだが、給油できなかった・・・が、腹が立つことはなかった。

もうGSも Runnerもガス欠寸前、車は後100km近くの走行可能だが、何かのときの為に残しておかなければ。
計画停電の影響で、電車のダイヤは乱れているし・・・チャリ通勤復活だな!
by makkuroGS | 2011-03-19 01:55 | Trackback | Comments(6)