2017'06'05...GIVI TREKKER OUTBACK
4月の終わりにポチッとした「箱」が届いた...
d0130980_21023107.jpg
GIVI TREKKER OUTBACK OBK42B!
d0130980_21023797.jpg
GIVI のモノロックタイプのケースはGSで使っていたこともあり、ベースは持っているので「箱」だけを...

この「箱」には、ここの当たりゴムを替えろと...ある。
d0130980_21024437.jpg
d0130980_21025048.jpg
高さが9mmへと変更になる...


d0130980_21025379.jpg
とりあえずはXRから...109.png

d0130980_21025505.jpg
やっぱGSのほうが似合いそうだ...

# by makkuroGS | 2017-06-05 21:01 | Bike Item | Trackback | Comments(0)
2017'05'28...天空のポピー
d0130980_20470223.jpg
d0130980_20470506.jpg
d0130980_20471000.jpg
d0130980_20470822.jpg

# by makkuroGS | 2017-05-29 20:49 | ちょっと・・・そこまで。。。 | Trackback | Comments(0)
2017'05'21...GSのクラッチオーバーホール 其の七 ミッションアウトプットシャフトシール交換
ミッションを載せたので、アウトプットシャフトのシールの交換を...
d0130980_20065618.jpg
シールの色違うし...
d0130980_20070380.jpg
問題なく交換完了!...ここも打ち込み過ぎ要注意です!
d0130980_20070656.jpg
そして...このまま組むのは気になるドライブシャフト入荷!
d0130980_20071083.jpg
このラバーの部分が気になり...
d0130980_20071521.jpg
見比べてみると...やはり安心感がある...でも、これ!40000km走行の中古品...某オークで出てたのでポチッと!
d0130980_20071994.jpg
100000km走行後のドライブシャフトは、クロスジョイント部のガタは無いのだけど、動きが軽いというか柔らかい...
落札したものは、まだ「ゆるゆる感」は無いので安心かな?

d0130980_20072157.jpg

ミッションとスイングアーム間のブーツも交換
d0130980_20072702.jpg
ブーツの内側からクリップで押さえるタイプで、うまく収まらずクリップを縮めてブーツの溝にハメ込むことにする...
d0130980_20073305.jpg
ブーツの溝にハメたら、タイラップバンドを切って完了!
d0130980_20073701.jpg
以下、マニュアル参考...
d0130980_20074047.jpg
d0130980_20074405.jpg
d0130980_20074745.jpg
スイングアームのピボットピン(右)は、ネジ山清掃後、ネジロックを塗ってから160Nmで締め付け...
左側のフローティングピンは、同じくネジ山清掃後、ネジロック剤を塗って7Nmで締め付けロックナットを160Nmで締め付けるとある。
テーパーローラーベアリングなので締め付けには気を使うね。

# by makkuroGS | 2017-05-22 20:57 | 改めて...makkuroGS 物語 | Trackback | Comments(0)
2017’05’19...GSのクラッチオーバーホール 其の六
ミッションまでは載せたんだけど...なかなか進まない...119.png

仕事場までスイングアームを担いで行き...
d0130980_19095471.jpg
ミッションとの接合部のベアリングの交換...
d0130980_19095836.jpg
どうやってベアリングを入れ替えるか...スライディングハンマーを試してみたら、意外と簡単に外れた...
d0130980_19100251.jpg
新品ベアリングを確認して...
d0130980_19100629.jpg
スイングアームベアリングを外すのも組むのも、マニュアル上では「焼嵌め」方式なんだけど...スライディングハンマーで抜けちゃったし...アウターレース部を叩いて入れることにする...
d0130980_19101048.jpg
外したベアリングをバラシて、アウターレースを使う...
d0130980_19101473.jpg
同じベアリングなんだから、サイズはピッタシ...
d0130980_19101824.jpg
均等に少しずつ叩いてベアリングを打ち込む...
d0130980_19102225.jpg
これでもう一つ作業が進む...やる気ださねば!

# by makkuroGS | 2017-05-19 22:18 | 改めて...makkuroGS 物語 | Trackback | Comments(0)
2017'05'13...GSのクラッチオーバーホール 其の五...ミッション取り付け
ミッションハウジングの中の汚れを落として、シャフトシールの交換...
d0130980_16343807.jpg
簡単に抜けました!
d0130980_16344353.jpg
新品シールを確認して...
d0130980_16344821.jpg
慎重に打ち込む...
d0130980_16345828.jpg
こんな物も作ってみた...
d0130980_16351296.jpg
ミッションを取り付ける際のガイドピン...マニュアルにもあったので似たものを...
d0130980_16352100.jpg
ドライブシャフトの確認もしたいので、ミッション単体にしてから載せます。
d0130980_16352828.jpg
クラッチのセンター出しが良かったのか?ガイドピンがよかったのか?難なく取り付けることができた。
d0130980_16353146.jpg
誤組はしてないが、クラッチ操作ができるか確認するのに、レリーズシリンダーを仮組してクラッチレバーを握る...
d0130980_16353540.jpg
メッチャ軽い!っていうか、これが普通なんだよね。
d0130980_16354109.jpg
d0130980_16354483.jpg
新品のシリンダーを組み付けておく...

ドライブシャフトの確認...クロスジョイント部のガタは確認できないけど、動きが軽い...
d0130980_16355357.jpg
なんだかダンパー部なのか? ゴムが、はみ出てきている...もう交換しなきゃ...新品値段は国内手配で10万越えだとか...

# by makkuroGS | 2017-05-13 16:36 | 改めて...makkuroGS 物語 | Trackback | Comments(4)
2017'05'12...GSのクラッチオーバーホール 其の四...クランクシール、クラッチ組み付け
もう失敗したくないので、クランクシールより大きい当て代わりになる物を探してきた。
d0130980_22313522.jpg
シールより外径が大きいため、クランクケース面より奥に打ち込まないで済む...
d0130980_22313882.jpg
バッチリだね!これでクラッチの組み付けができる...
d0130980_22312978.jpg
d0130980_22314996.jpg
クラッチハウジングとクランクシャフトの位置決めに注意して、ボルトのネジ部にはエンジンオイルを塗って仮締め...
d0130980_22323194.jpg
ボルトを 40Nm で締め付けた後、レンチアングル32°締め付ける...独りでの作業は結構つらい...
d0130980_22322848.jpg
クラッチディスクのセンター出しに使う...こんなものを作ってみた...
d0130980_22323482.jpg
クラッチのプッシュロッドの太さが9mmだったので適当な物がなく、アルミで適当に削りだしてみた...
d0130980_22323973.jpg
おおよそのセンターは出るので、まっ!いいっしょ!109.png
d0130980_22324290.jpg
d0130980_22324635.jpg
ミッションのスプライン部が入らなかったら、またセンター出しすればいいしね!

# by makkuroGS | 2017-05-12 23:12 | 改めて...makkuroGS 物語 | Trackback | Comments(2)
2017'05'10...GSのクラッチオーバーホール 其の参 クランクシール入荷
組み付けを失敗した クランクシールが入荷! 
d0130980_20395478.jpg
3月に発注先のミスで1個しか届かなかったパラレバーのベアリング (No5)も入荷...
d0130980_20500527.png

クランクシール 1111 1341 087 税込 \4125
ベアリング   3317 2311 729 税込 \4233

部品高過ぎ135.png


# by makkuroGS | 2017-05-10 21:13 | 改めて...makkuroGS 物語 | Trackback | Comments(0)
ORBITRON FRICTION SYSTEM
ORBIRON FRICTION SYSTEM の効果...
ブローバイホースやラジエターホースに巻き付けるだけで、その効果を発揮。エンジンブレーキの緩和・低減、俊敏なエンジンレスポンス、低速域での力強さ、スムーズな回転上昇など...とある。

d0130980_21532244.jpg

またまた オカルト・チューン?のお試しです。

取り付けは簡単!ホースに巻き付けて、両端の金具を繋げるようにタイラップ(拘束バンド)でとめるだけ。
d0130980_2233369.jpg


お試し車両は…XR400モタード
d0130980_2232668.jpg


空冷エンジンなので、吸気系のホース or ブローバイホースに巻くしかない。先ずはインテークマニホールドに巻いてみることに。
d0130980_2235448.jpg


翌朝、早朝より試走に...エンジンを暖機し走りだすと、エンジン回転のスムーズさに感動。
2速...3速とシフトアップしていくと...低中速のトルクが増しているような加速に...ニンマリ(^-^)
走りなれた下道を行こうかと思っていたけど、バイクの変化が気になって高速道路を走ってみる...
単気筒400㏄ 5速ミッションなXR...5速での高速走行は、振動が辛かったのだが、何故か嫌なはずだった振動が、角が取れたというか...柔らかな振動になって苦にならない。
この日の走行距離は 250km帰りも高速道路走行で帰るつもりだったが、勝沼側から「大菩薩峠」を大月まで走ってみる。
「エンジンブレーキの緩和・低減...」とあるように、エンジンブレーキはマイルドになっていた。
単気筒のXRには、それが好印象で下りコーナー手前での減速は、3速だと減速感は少なくブレーキを多用して減速したけど、2速まで落としてもリアタイヤがスリップするような不安もなく、コーナー出口でシフトアップしてスムーズな加速ができ、軽快に走ることができた。

取り付けた場所での違いを実感するために、平日の通勤では未装着でXRを乗り、次の週末はブローバイホースに巻いて走行。
d0130980_2056156.jpg

こちらも加速時の振動はマイルドな印象が強く、エンジンブレーキも軽減されている。
燃費は平均でインテーク・マニホールドに取り付けた時が、+3km/lで、ブローバイホースに取り付けた時は、+6km。
インテーク・マニホールドに取り付けたほうが、トルクが増したような感覚でアクセルを開けるのが楽しくなり、高回転まで回してしまったから燃費の差が出たのか。


運転したフィーリングの変化が面白くて、今度は自家用車に取り付けてみた。
ダイハツ テリオスキッド 660cc ターボ フルタイム4駆 な軽自動車。
d0130980_22222732.jpg
走行距離は 110000kmを超えたところ。軽自動車なのに燃費が 街中10km/l 長距離13km/l と悪い...燃費向上も期待も期待したい。

先ずは、ラジエータホースに巻いて走ってみる。
d0130980_22223092.jpg
走り始めてすぐには、特に変化を感じなかったが、エンジンの暖気も終わったころには、エンジンの回転上昇がスムーズになっていることに気が付く。
しばらく日常使用で走り燃費を測る...変わらず10km/lだった。

取り付けるヵ所を吸気系に変えてみる...加給された吸気を冷やすインタークーラー入口のダクトに巻いてみる。
d0130980_20234605.jpg

走り始めてすぐに、いつものようにアクセルを踏む...TURBOの加給が強くなったような加速を実感。
そのままアクセルを踏み込み加速を続ける...高回転域では低中速域のトルクアップのような感覚はないが、低中速での変化だけでも好印象だ。
この状態で少し遠出をしたときに、登坂では今までよりずっと楽に走れる。
燃費も14km/lと僅かだが向上していた。
エンジンの常用回転域の力強さが増えたために、無駄にアクセルを踏み込まなくても走れてしまうから、燃費向上につながるんだろうな。

冷却水ホース、ブローバイホース、吸気系のそれぞれ同時に巻いて走れば、効果上乗せ?できたりするのかな?

今回は 400cc単気筒、660cc TURBOとエンジンのタイプ・排気量の違いなどには関係なく、効果が実感できるし、誰が言ったか知らないけど「オカルトチューン」とはよく言ったもので、ただ巻くだけでこんなに好印象な実感をするなら「あり!」ですね。


# by makkuroGS | 2017-05-07 15:04 | 試み | Trackback | Comments(2)