千畳敷・・・2011年1月
ロープウェイで千畳敷駅へ。
d0130980_22413564.jpg

標高2612m
d0130980_22492660.jpg



秋に初めて来た 千畳敷  今日の千畳敷は雪化粧・・・ロープウェイで、冬山に素人でもここまでは来れるが、雪上を登るには雪山の心得を学び、装備を揃え経験を積まなくては、この先には行けない。
d0130980_22422663.jpg

PENTAX K-x SMC DA 1:4 16-45mm ED AL f/22 1/200s ISO200 EV 0







d0130980_22433117.jpg

PENTAX K-x SMC DA 1:4 15mm ED AL Limited f/22 1/1250s ISO200 EV-2




d0130980_22435166.jpg

PENTAX K20D SMC DA 1:4 16-45mm ED AL f/9 1/4000s ISO200 EV-2



秋に来た時は、登山道はジグザグだったけど、雪に覆われた千畳敷は、ほぼストレートに登っていく...005.gif
d0130980_22441869.jpg

PENTAX K-x SMC DA 1:4-5.6 50-200mm ED WR f/16 1/640s ISO200 EV 0




d0130980_22442862.jpg

PENTAX K-x SMC DA 1:4 16-45mm ED AL f/10 1/1000s ISO200 EV-0.7



雲が出てきたので早々に降りることにした。

下りのロープウェイから...
d0130980_22483757.jpg

by makkuroGS | 2011-01-04 23:14 | 季節&風景 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://makkurogs.exblog.jp/tb/12635226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by buebue at 2011-01-05 07:03
お疲れ様でした。
きれいでしたね!千畳敷!

逆光の写真も、山をぼかしたのもいいですね。

あとかなり絞って撮影してますね!
Commented by makkuroGS at 2011-01-05 21:55
buebueさん。

お疲れ様でした。
太陽を写すのは、レンズで随分変わってきますね。
Commented by buebue at 2011-01-06 00:02
あ、動画追加だ!
魚眼の動画面白いですね。
最初と最後に見える移動している赤っぽい服着てるのが私ですかね?
Commented by r12gsad at 2011-01-07 00:00 x
雪山、最高ですね!
それにしても素晴らしい天気。
誘惑されてしまいそうです。
Commented by ぐん at 2011-01-07 01:15 x
この青い空はペンタックスブルーって言うんでしょうか。
最近本格的な一眼がほしくてニコンやキャノンを物色していたんですが、ふとしたきっかけからペンタのK-5が気になっている今日この頃です。
春ころまでにはほしいですね。
今はパナのGF-1でお勉強中です。

遅くなりましたが。今年もよろしくお願いします。
Commented by makkuroGS at 2011-01-07 20:34
buebueさん。

K-xでの初動画です。
ん~残念ながら、チョコットお話したオジサンです^^;
Commented by makkuroGS at 2011-01-07 20:41
r12gsadさん。

幸いなことに自分は晴れ男らしく、好天に恵まれました(^^)v
ケーブルカーで登っただけですが、雪山の景色に魅せられました。
Commented by makkuroGS at 2011-01-07 21:04
ぐんさん。

ペンタックスブルー...と呼んでいいのでは?(^^ゞ

K-5・・・自分も欲しいカメラです。軽量コンパクトで防滴・防塵とバイクライフには最適ですし。
ISO高感度は、夜景撮影にも有利ですね。
nikon も持っているのですが PENTAX にハマってしまってます(^^ゞ
Commented by fun_start2006 at 2011-01-08 12:30
いい天気、最高ですね!
千畳敷カールっていいとこだな~。
Commented by makkuroGS at 2011-01-10 17:18
fun_start2006さん。

ここは一度行ってみてください。
気軽にここまで上れるので、自分みたいな山素人でも楽しめます。
<< 沼野秀章展 2010...年越し >>